無料ブログはココログ

« 7月初旬の十勝三股ルピナスツアー | トップページ | 束の間の夏休み »

2013年8月18日 (日)

7月のアポイ岳

一度は行ってみたかった、「花の山」 アポイ岳へ行くことにしました。

標高800mの山に高山植物が咲く不思議な山です。札幌から片道約300km

近くて遠い山ですが、チャンス到来!!

が!しかし、あいにくの雨、行くかやめるか迷いましたが、天気予報は午後には雨は止むと

でていたので、それを信じて出発です。

本来であれば、直行するのですが、11時位までは雨とのこと、時間稼ぎに新冠の牧場と、

二十四間道路へ寄りました。

いつ来ても、真っ直ぐな道路と、桜並木は見事です。来年こそは、満開の時期に訪れたい

ものです。

Dscn7475

まったく車が来ない直線道路、二人占めです。


Dscn7472

そしていよいよアポイ岳登山開始!

駐車場から、1時間半ほどは、樹林帯の中を歩きます。まだ、小雨が降っていましたが、

木々の葉でまったく気になりません。


Dscn7477

雨のためか、沢の水は紅茶色に染まっています。でも、まるで日本庭園のような景色。

Dscn7480

三合目の標識の前には大きな熊よけの鐘が・・・・・・。「ぐわーーーーん」と驚く音量で鳴り自分がびっくりしてしまった・・・・。

Dscn7483

そして木々の間からは、ハクサンシャクナゲの豪華な花がお出迎えをしてくれています。

Dscn7485

やがて5合目の避難小屋へ到着。雨はやみましたが、まったく霧で視界はきかず、

景色を楽しめそうになかったのですが、昼食をとっている間に、少しずつ視界が開けてきて

向こうの山の稜線が見えたかと思うと、うっみーーーーー。海が見えてきました。

Dscn7488

山の向こうに海が、そして沖合には、海霧が一面を覆っています。

Dsc1297

真っ白なイブキジャコウソウが足元に咲いています。

Dscn7489

こちらは、ほんのりピンク色!

Dscn7492

まだまだつぼみの???どんな花」が咲くのかな?

Dscn7496

こちらは、アポイマイマイ? 紫のつのが印象的!!

Dscn7503

こちらは、キンロバイ この植物はアポイ岳にのみ生息する「ヒメチャマダラセセリ」という

天然記念物の蝶の幼虫の食樹だそうです。

Dscn7507

そして、ちょっと変わった、アポイマンテマ、


Dscn7510

そしてアポイハハコと、アポイの名前が続きます。それほど、固有種が多い山なんですね。

Dscn7516

そして高原の代表種、チングルマ です。


Dscn7530

花を見ながら、写真を撮りながら、お休みしながらやっと八合目到着!

5合目を出発してから、ずっとこのような霧の中です。この霧が気温を下げ、高山植物や

固有種の花々を守っているそうです。うーーーん「ラピュタのようだ」

Dscn7541

アポイアズマギクと、キンロバイ

Dscn7546

アポイ岳の固有種、エゾコウゾリナです。

Dscn7556

そして、ハイマツの実!まるでつぼみのようです。

Dscn7555

そしていよいよ、頂上到着!!やっぱり、霧の中!!

ただしこの山は、頂上付近はダケカンバの林になっています。ハイマツ等の高山植生の上

にダケカンバ林があるという、不思議な山なのです。(もちろん受け売りです!)

Dsc_1301

そして頂上で一休みの後、下山をスタート。もちろん霧の中ですが、馬の背を過ぎたあたり

から霧が晴れ始め・・・・・・・・。

Dsc_1302

青い海が見えてきましたーーーーーーー。やったーーーーー。

この景色を見たかったーーーーー。

きっとこれがあるから、辛い思いをしても人は山にのぼるのでしょうね!

海に飛び出しているのは、冬島漁港です。


Dsc_1305

そしてこちらは、日高耶馬溪、そう大分の耶馬溪から名前がついたそうです。

Dsc_1304

はるか沖の方には、海霧が海を埋め尽くしています。

手前に一筋の雲の筋、日高の海の特徴です。


Dsc_1310

遠くに様似のエンルム岬が見えます。


Dsc_1306

心うきうき!はじけてしまいました。


Dscn7577

美しい景色を動画でどうぞ!!

****************************************************************

http://youtu.be/4fnXppuueGs

****************************************************************

そして下山途中では、シマリス君と遭遇!元気でね!!

Dscn7580

せっかくここまできたのだからと、襟裳岬へ行くことにしました。

しかしやはり、霧と風の襟裳岬です。国道336号線を離れ、道道へ入った途端、

霧の世界となりました。

動画でどうぞ。

*****************************************************************

http://youtu.be/mt0Vu8Yp-wo

*****************************************************************

そして襟裳岬の駐車場に到着・・・・・・真っ白な世界でした。

Dscn7582

それでも断崖には、エゾカンゾウの花たちが咲いていました。

すっかり数を減らしてしまったエゾカンゾウですが、人や鹿が入れないこのような断崖には

しっかりと残っているようです。


Dscn7594

日高山脈が太平洋へ沈んでいく襟裳岬の光景もぼんやりとしか見えません。

Dsc_1312_2


襟裳灯台の灯りがとっても寂しげでした。



Dscn7595

念願のアポイ岳へ行くことができ、とってもいい旅となりました。またチャンスがあれば

ぜひ訪れてみたいと思います。

今回の走行距離 650kmでした。お疲れ様!!

..

.

.

.








« 7月初旬の十勝三股ルピナスツアー | トップページ | 束の間の夏休み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516395/52871205

この記事へのトラックバック一覧です: 7月のアポイ岳:

« 7月初旬の十勝三股ルピナスツアー | トップページ | 束の間の夏休み »