無料ブログはココログ

« 樽前山は霧の中!! | トップページ | 7月初旬の十勝三股ルピナスツアー »

2013年7月27日 (土)

富良野 ラベンダーと、美瑛の丘

アポイ、襟裳岬への旅のあと、バタバタと忙しい日が続きなかなか休みがとれません

でしたが、やっと休日がとれました。さあ何処へいこうか? 

今なら富良野でしょ、とラベンダー畑へ向かいました。実は今この時期、ラベンダーの

盛りの時期には行ったことがなく、いつもちょっと遅れてしかなかったので、とっても

楽しみです。

ラベンダー・・・香りも色も風景もとっても大好きな花です。

札幌を出発して、約2時間半、まずは「彩香の里 佐々木ファーム」です。

後でいく「富田ファーム」と違って、観光客も少なく、ゆっくりと花を楽しめました。

Dsc_1317

満開のラベンダーと、青い空。もうこれだけで天国のようです。

とってもいい香りの中、リフレッシュ!!


Dsc_1324

富良野盆地の向こうには、富良野岳、十勝岳の山々が見渡せます。

日差しが強く、暑い日でしたが、風はさわやかでした。

Dsc_1319

今回初めてみた、真っ白なラベンダーです。まるで、冬のゲレンデのように見えました。

本当に真っ白です。


Dsc_1326

ひまわりの黄色にラベンダーの紫、山の緑に田んぼの緑、そして青い空

天気がよくて本当によかった。


Dsc_1330

真っ青な空に白い雲、ひまわり達が賑やかに咲いていました。

********************************************************

http://youtu.be/05WiCUYb8tI   動画でどうぞ!!

********************************************************

そして次は中富良野のラベンダー園です。ここは、リフトで山の頂上へ登れるのですが、

今回はパス、富田ファームへ向かいます。


Dsc_1331

そして富田ファームの花人の畑、とっても美しい。ただし、人が多すぎる!!


Dsc_1347

そして、倖(さきわい)の畑ですラベンダーとポプラ並木と空が美しい!!

Dsc_1350

季節の彩りの畑です。十勝連峰と、花達がぴったりのコントラストです。

Dsc_1351

そしてストライプが美しい、彩りの畑です。

この畑のうねりと、色彩が美しい!!

Dsc_1335


Dsc_1339


Dsc_1343

Dscn7662

***************************************************************

http://youtu.be/0-H-etoJC7g 動画でどうぞ!!

***************************************************************

そして仕上げはトラディショナルランベンダー畑の前でラベンダーソフトクリームを

いただきま-----す。

この畑が富田ファームを、富良野のラベンダーを一躍有名にした。畑だそうです。

旧国鉄のカレンダーに写真が採用され、今のラベンダー観光が始まったとか。

そういえば、昔、駅のポスターで写真を見て、行ってみたいと思ったような気がします。

Dscn7679

そして、今度は美瑛の畑へ向かいます。

この一本道、いいでしょう? 左はとうもろこし、右は麦畑、遠くにトラクターが

走っています。

Dsc_1357

とうもろこしをじっとみていると、人が整列しているように見えてきます。

何か不思議です。


Dsc_1362

こちらの麦はまだ青く、これから黄金色に変わっていきます。

それにしても広い!!、この畑の中に北きつねが隠れていきました。(残念写真は

とれませんでした。

Dsc_1363

まだまだ、若い麦の穂です。

Dscn7696

そして圧巻はこの麦畑。丘一面が黄金色の畑です。そして、空との境目が

まるで、合成写真のように見えてきます。(実物も)今回、一番感動しました。


Dsc_1355

十分収穫できる(直前)の麦の穂です。おいしいパンになるのかな?

Dscn7683

有名な赤い屋根の家です。

こちらも回りは、とうもろこし!!

Dsc_1364

そして三愛の丘からの風景、雲にさえぎられた。太陽の光が不思議な風景を作り出して

います。手前はじゃがいも畑。ぽつぽつ花が咲いていました。

Dsc_1365

じゃがいもの花。おいしいポテトチップスになってください!!

Dscn7707

きがらしの花?とっても丘に似合っていました。

Dsc_1372

エリシオンくんと、三愛の丘。

Dsc_1374

そして今回の旅の最後が新栄の丘からの赤い屋根の家です。

陽もだいぶ傾いてきて、この場所からの夕陽はきっと素晴らしいと思いましたが、

まだまだ陽の入りまで2時間はありそうなので、今回は断念しました。

Dsc_1395

この後、ハイランドふらののラベンダー畑を望む露天風呂に入り、500円!安い。

旅の疲れと、汗を流し、札幌へ向かいました。

今回は天候にも恵まれ、ラベンダーも満開で、それはそれは美しい光景を見る

ことが、できました。帰り道は暗かったのですが、その暗闇さえ、ラベンダー色に

見えるほど、目に焼き付きました。

そしてお土産は、ラベンダーの花束です。


Dscn7738

最新号のなまら蝦夷と、花図鑑といっしょに!!

綺麗なドライフラワーに変身してください。

.

.

.

« 樽前山は霧の中!! | トップページ | 7月初旬の十勝三股ルピナスツアー »

コメント

富田ファームは全国的に有名になってしまって。。。
こんな素晴らしい景色はたくさんの人が見たいと思うの
当然ですよねcoldsweats01
うねうねとしたなだらかな緑の稜線や金色の丘
何度見ても見飽きない景色ですねhappy01

小杉さん、お久しぶりですhappy01

うわ~~~~!!まさに北海道の光景って感じですね。
私も札幌にいた時には何度もこの時期に車を走らせましたよheart01
濃い紫が映えてますね!!

色とりどりのお花たち。
短い北海道の夏を満喫しているようですね。

ラベンダー、綺麗にドライフラワーになれば良いですね^^

clubTO.momoさんへ
コメントありがとう!
富田ファームは本当に有名になりましたね。
今回もたくさんのバスが到着し、すごい人波でした。
中国の方や、韓国の方も多く、海外でも有名みたいです。
確かに、よく手入れされた花畑や、たくさんのお店があり、観光地だなあ
と思いますが、それでも、ラベンダーの香りと姿には感激です。
近くにいるうちに行けてよかった!!
でも、彩香の里 佐々木ファームも人が少なく、よかったですよ。
今回もっとも感激したのは、
美瑛の黄金の麦畑でした。麦と青空の境目が果て無く続く光景は
圧巻でした。季節で姿を変える、美瑛の丘 すばらしい!!

clubTO.ぴあのさんへ
コメントありがとう!!
本当に北海道ならではの光景でした。
ラベンダーを始めとする花達と、山の木々、そして十勝連峰の山々、
そしてなんといっても、青い空!
日差しは暑くても、さわやかな風。北海道を満喫できました。
もっと、休みがとれれば、あちこち行きたいのですが、なかなかそうは
いきません。いい季節なのに、もいったいない!!
仕事もそこそこ、夏を楽しみます!!

ウン十年前と変わらぬ、絵葉書のような世界ですね。(^^)
私にとっては過去の記憶ですが、でも実際にそこを訪れることができたことを今良かったと思うのでした。。。

clubTO.くみちゃんへ
コメントありがとう!!
絵葉書のような世界・・・・・・まったくその通りでした。
いままでこの季節にはなかなか来れなかったので、とっても感動しました。単身赴任のおかげかな。せっかくのチャンスなので、もっと楽しみます。
ぜひ、くみちゃんも機会を作って、北の大地を訪問してください。青春の日々がよみがえるかも・・・・・・。

しつこく!(^^;
見返すたびに、ほんとにきれいですねえ。
絵葉書よりきれいだ~。(^^)
美瑛の丘は暑い中てくてく歩いて回ったり自転車で回ったこともあったかな。
昔の写真もたまには見返してみようかな。。。

clubTO.くみちゃんへ
コメントありがとう!!
私の北海道の旅は愛車とともに始まったので、どこへいくのにも、車といっしょでした。行きたいところへ苦もなく行けましたので、ある意味感動も少なかったと思います。
その点、くみちゃんは歩いたり、レンタサイクルで回ったりと大変な思いをして、見つけた光景に対する感動はきっと何倍もあったのだろうなと
思います。
同じものを見たとしても、その時の思い出はまったくちがうものだったと思います。そんな思い出がつまったアルバム、大切にしてください。
 私も今、子供たちの幼いころのビデオをパソコンに落とし、編集をしようとしていますが・・・・・・・・。なかなか進みません。cancer

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1516395/52607443

この記事へのトラックバック一覧です: 富良野 ラベンダーと、美瑛の丘:

« 樽前山は霧の中!! | トップページ | 7月初旬の十勝三股ルピナスツアー »