無料ブログはココログ

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

恵庭滝めぐり

賀老の滝を見ることができず、かと言って連続で訪れる元気もなく、手軽な

滝ツアーに行くことにしました。恵庭市の漁川上流の3つの滝めぐりです。

まずは、白扇の滝です。

Dsc_1262

岩床の上を流れてきた漁川の流れが、一気に滝を落ちていきます。

新緑の緑と、滝の音、そしてマイナスイオンで、心が癒されていきます。

***************************************************************************

http://youtu.be/bd3G9ddPgTM 動画でどうぞ!

***************************************************************************


Dscn7242

滝壺は以外とふかそうです。真夏に泳いだら面白そうなところです。

(遊泳不可でしょうね。おそらく!!)

Dscn7244

こちらは、支流から漁川へ流れおちる、ラルマナイ滝です。この写真の部分は滝の上部

で、旧道の橋のしたをくぐり、流れおちています。落差は結構あり、いい滝なのですが、

橋で分断されていて、残念です。

Dscn7250

そしてこちらは、三段の滝、

映っているのは、下二段で、木々の上にもう一段滝があります。

ほとんど人も来ないところで、新緑の空気を思いっきり吸い込み、元気が蘇って

きました。

Dscn7245

北海道では本当に道端にいくらでも生えている、ふきの葉っぱと、きがらし、そして

たんぽぽの綿毛です。思わず、えりまきとかげをやってしましそうです。

Dscn7254

そして、漁川ダム。ダムは何故か子供の頃から、大好きなところです。

ロマンを感じます。

Dsc_1135

まったく関係のない写真ですが、札幌駅で仲良く並んでいたので、思わず撮って

しまいました。

特急「十勝」と「カムイ」です。

帯広と、旭川へ向かいます。車もいいけど、列車の旅もいいですよね!!

さてさて、次回は、リベンジ「賀老の滝」です。
















2013年6月27日 (木)

島牧村 賀老の滝を目指して

 6月初旬、島牧村 賀老の滝を見に行くことにしました。

先日仕事場の飲み会で飲んでいたところ、ひとりが急にふらっと倒れてしまいました。

さー大変急性アルコール中毒か・・・・・! と皆が慌てふためいていたところ、当人は

はっと目覚め、寝てしまったとのこと。おいおいどうしたのと聞くと、昨晩から徹夜で、島牧

村に魚釣りに出かけ、一睡もせず、飲み会に参加したとのこと。散々皆から攻められて

おりました。    

島牧村かあ!なつかしいなあ!

そう、青春の日々の思い出、島牧村。そして「島牧ユースホステル」と言えば、

「賀老の滝」と安直な発想の結果出発です。

Dsc_1239

札幌から、いつものように、中山峠を越え、喜茂別へ、今日も羊蹄山は青空の下に

くっきりと浮かんでいました。何度見ても、美しい。

畑も耕され、じゃがいもが植えられているのかな?

Dscn7158

蜂も蜜集めに忙しそうでした。本当にこの角度から見ると、世界遺産の富士山そっくり。

Dscn7161

さらに南下、真狩村の「羊蹄の湧水」でお水をゲット。炊飯、コーヒー、味噌汁に!

おいしかった!!。本当に冷たく、おいしく、自然のプレゼントです。

すぐ横にある「湧水の里」でついでにお豆腐もゲットです。

Dsc_1240

スキー場で有名なニセコアンヌプリがくっきりと見えます。頂上近くまで、ゴンドラが動いて

います。そのの東側には、羊蹄山がくっきりと・・・・・・。

Dsc_1241

パノラマにすると・・・・・・雄大でしょう!!

Dscn7168

ニセコをあとにして、国道5号線をさらに南下します。

交通量もぐっと減り、北海道らしい風景がつづきます。動画でどうぞ!!

*************************************************************************

http://youtu.be/O75xP8gs_cQ 国道5号線蘭越あたりの直線道路です

*************************************************************************

Dscn7171

この日は気温もぐんぐん上がり、28度!、セイコーマートでソフトクリームを買って、

暑さをしのぎながら、島牧をめざします。

そしてついに到着!!

Dsc_1252

今の島牧YHです。

私たちがお世話になっていたころの建物は、奥尻島の地震の津波で壊れ、

再建された建物がこの建物です。とってもおしゃれな建物に変わっていました。

Dsc_1250

YHの裏手にでると、昔は砂浜だったと思うのですが、しっかりとした堤防ができて、

砂浜は小さくなっていました。けれど、はまなす、ハマエンドウの花がもう咲いていました。

Dscn7195

Dscn7187

とっても穏やかな波と美しい花達、時間がたつのを忘れてしまいます。

Dscn7174

YHと狩場山、そしていよいよ賀老の滝へ・・・・・・・・・・・・・。

Dscn7203001

ジャーン!!これが、賀老の滝です!!・・???

えっ!春にしては、水が少ない?

写真に心霊写真のように、顔や壁が映っている?

実は・・・・・・大失敗でした。島牧の千走から、賀老の滝へ向かう道路が

未だ、積雪のため通行止めとなっており、途中の千走温泉までしか行くことが

出来ない状況でした。しかも開通はこの日の3日後の予定だそうです。・・・が----ん!

大失敗でした。そこで止むなく、道の駅に飾ってあった。写真をパチリ!

Dsc_1258

大失敗でしたが、仕方がない。あきらめて帰路につきます。

今度はかならず、リベンジするぞ!!

途中の弁慶岬から、ブルーの海を眺めます。

**********************************************************************

http://youtu.be/IxzT9FRudGI 雷電国道 ソーランラインです。

**********************************************************************

そして、雷電国道を北上、岩内あたりで、落陽となりました。

北海道の夕焼けは何度みても美しいです。

Dsc_1260

夜21時ころ帰宅、さっそくおいしいお豆腐を冷奴で頂き!!ビールがおいしい!!

Dscn7231

このリベンジ編と賀老の滝は次々回まで、お楽しみに!!

動画はアップしております!!

本日は350km お疲れ!!

******************************************************************

2013年6月20日 (木)

空知 長沼町へ行ってきました。

今まであまりいったことのない、空知 長沼町へ行ってきました。

あまりいったことにない地域ですが、広大な畑、田んぼ、そして酪農の町です。

真っ直ぐな道、青い空が北海道らしい風景です。

青い麦畑が続いています。

Dsc_1227001

千歳川の堤防の上から、広々とした畑を眺めます。手前の耕した畑には何が

植えられるのでしょうか?

ハルサキヤマガラシも満開です。

Dscn7114

千歳川は支笏湖を水源としていますが、昔は太平洋へ注いでいたそうです。

火山の噴火等で流れが変わり、今は石狩川を経て、日本海へ注いでいます。

鳥たちがさえずり、気持ちのいい風が吹き抜けていきます。

Dsc_1230

******************************************************************

http://youtu.be/GTdnMAqE_eI 麦畑の風の通り道です

******************************************************************

畑の土手にもヤマガラシが満開です。千歳空港が近いため、ときおり旅客機が

頭の上を旋回していきます。

Dscn7118

長沼町の道の駅、「マオイの丘公園」の屋上から近くの牧場を眺めます。

このあたり、マオイ牛というブランド牛を産出することで有名です。

長沼ジンギスカンも有名みたいです。

Dscn7120

その道の駅で売っていた、パンプキンのデザートを頂きました。

おいしかったですよ。

Dscn7145

近くのハイジ牧場で草を食む牛たちです。ホルスタインに黒毛和牛、ジャージー種

といろいろな牛たちが集まっています。

Dscn7123

この後、長沼温泉に入り、塩気の強いお湯でゆったり、温まりました。

極楽極楽!!、温泉の横の公園で休んでいると、陽も随分傾いてきました。

そろそろ帰りますか!! 頭の上を空港へ帰る飛行機が飛んでいきます。

Dscn7129_2

*******************************************************************

http://youtu.be/ZMwlLUncMk0 公園の上を新千歳空港へ向かう飛行機です

*******************************************************************

なかなかめずらしい、広大な田んぼに沈む夕陽です。

ゆめぴりか?きらら?ひとめぼれ? 秋には稲穂が風でゆれているのでしょう!!。

またそのころに来てみたいですね。

Dsc_1232

お疲れ様でした。

.

.

********************************************************************

2013年6月14日 (金)

滝川の菜の花畑

オオバナノエンレイソウの大群落を発見できず、帰るのには、何か物足らず、

16時を回っていましたが、石狩から滝川へ向かいました。

国道275号の下道を当別、月形、を越え、滝川へ。到着したのは、もう18時前でした。

けれどまだまだ陽は高く、菜の花畑をあちこちまわりました。

Dsc_1216

月曜日、しかも夕方遅くだったので、ほとんど観光客もおらず、ゆっくりと観てまわれました。

黄色は幸せの色?春の色?ずーっと見ていてもあきません。

Dsc_1219

真ん中あたりの少しうねった畑がいいでしょう!広々とした、お花畑をみていると北海道だなあ!とつくづく思います。

Dscn7085

菜の花畑のあぜ道にはこんな花も咲いていました。名前はわからないけれど、

かわいい花でした。

そうこうしているうちにさすがに陽が傾き、菜の花畑もいよいよ夕暮れ時を迎えます。

Dscn7081

太陽が地平線に近づき、黄色い畑が黄金色に変わっていきます。

空にく雲がかかってきましたが、この雲があとで、とっても綺麗な光景を作ってくれました。

Dsc_1221

高い雲が赤く染まっていきます。遠い山も赤く染まっていきます。

そして太陽が地平線に消えていくと同時に、雲が燃えだしました。

Dsc_1223

まるで、火炎のような雲が現れ、思わずシャッターを何回も切っていました。

Dscn7104

そして静かに、夕闇が迫ってきました。さあ札幌へ帰ろう!!

Dscn7107

**********************************************************

http://youtu.be/ZQBkKNbyzXA  動画でどうぞ!!

**********************************************************

2013年6月12日 (水)

オオバナノエンレイソウ探し

5月末の北海道新聞に、石狩市で広さ10haのオオバナノエンレイソウの群落が確認された

との記事がのっておりました。これは、見に行かなければと、地図で見当をつけ出発しました。

10haの群落なので、直ぐにわかるだろうと安易に考えたのが間違いでしたが・・・・・・。

駐車場の、エリシオン君のまわりにもたんぽぽが・・・・・・・。

Dscn7027

石狩市へ向かう途中のあちらこちらでライラックの花が綺麗に咲いていたので、まずは

ライラックを見ようと、森林公園へ寄り道をしました。

途中の道にて、手稲山をバックにハルザキヤマガラシ?が咲いていました。

Dscn7029

なかなか綺麗だなあと写真を撮ってさらに進むと、こんなに咲いていました。

Dsc_1215

もしかして、キガラシでしょうか?私には違いがわかりません。

そして森林公園に到着です。ポプラと白樺の林が綺麗でしょう!!

Dscn7038

これくらいの芝の庭があればなあ・・・・・・。芝刈りがたいへんかあ!

Dscn7054_2

この広さ!!! さすが北海道です。

チューリップが1輪咲いていました。

Dscn7051_2

そしてお目当てのライラックの花です。今年は寒さで開花が随分遅れていましたが、

いよいよ満開となってきました。

Dscn7045

青い空によく映えています。別名リラともいうそうです。

もこもこもこっとたくさんの小さな花が集まって咲いています。

Dscn7044

ライラックと白樺の並木が続きます。

Dsc_1214

そして、花はないけれど、美しい白樺林です。緑も本当に活き活きしています。

木漏れ日も綺麗でしょう!!

Dsc_1213

そしていよいよ本命のオオバナノエンレイソウの群落探しを始めましたが、

これがなかなか大変で、あちこち走りまわりましたが、見つかりません。

国道沿いの遮断緑地と新聞に掲載されていたのですが、立札や、看板が

あるわけではなく、もう少し情報を集めてくればよかったのですが・・・・残念!

けれど、新聞に載っていたにと比べると、お恥ずかしいのですが、少し咲いて

いるのをみつけることが、できました。

Dscn7068

少し終わりに近づいていますが、清楚な白い花達をみることが、できました。

次はもう少し、調べてから来ることにします。(来年かな?)

Dscn7067

なにか、消化不良に終わってしまったので、帰るにかえられず、滝川の菜の花を

見に行くことにしました。・・・・・・次回に続く!!

Dscn7078

2013年6月 7日 (金)

日の出岬から富良野へ

前回の続きです。

この時期にオホーツクの雄武に向かったのは、もちろん毛ガニ狙いです。

流氷が去った後の海明けの毛ガニ、枝幸、雄武、紋別が産地です。品質もよく、

ブランドにもなっています。またホテル日の出岬の評判も聞き訪れました。

地名の通り、素晴らしい日の出が見えるそうなのですが、今回はあいにくの天候で、

かないませんでした。それでも温泉と、おいしい海の幸、満足でした。

ホテルの窓から眺める岬です。風が強い!!十勝は青空だったのに、さすがオホーツク!

Dsc_1154

毛ガニを食べすぎて、左手が毛ガニになってしまった、奥様!!

Dsc_1156

雲がなければ、このあたりから日の出が上がったのでしょうか?

ただし日の出の時間は朝4時15分!!早い!!

Dsc_1160

寒い雄武を出発し、美深へ向かいます。美深峠を越えると、青空に!

松山湿原への入口は、まだまだ雪に埋もれていました。

Dsc_1164

そして仁宇布へ、

ここには旧美幸線の跡の線路です。今はトロッコ王国としてトロッコが走っています。

Dscn6882

国道と線路、何故かなつかしい、光景です。しばらく待っていても、車も走ってきません。

列車が通ることのない線路と、車もあまり通らない立派の道路、少しさみしくなりました。

Dscn6886

朱鞠内湖にも寄ろうかと思っていましたが、次回ということで、今回のメイン

「男山自然公園」へ向かいました。昨年に続き今回で2回目の訪問です。

かたくりと、エゾエンゴサクの群落が見事です。

Dsc_1171

本当にかたくりの花はかわいく、大好きです。すずらんと同じくらいに!

Dscn6898

エゾエンゴサクはそのかたくりに寄り添うように咲いています。微妙に変化するブルーの

花がこれまた、美しい。

Dscn6943

そして、いろいろな花たちが競うように、咲き誇っています。すべて自然のなせる業です。

Dscn6900

Dscn6940

山の斜面にそれはもう群生しています。圧巻です。

Dsc_1168_2

そして、花達の後ろには大雪山系の山々が・・・・。右端が旭岳です。

Dscn6909

男山自然公園は旭川盆地の中の、小高い山にあります。遠くに雪をかぶった

大雪山がはっきりと、見えます。美しい!!

Dsc_1175

こちらは、私の大好きなエゾリュウキンカです。

むかしむかし、初めて春の北海道に来た頃、まだまだ緑もなく、花も少ない

季節に咲くこの黄色い花に感動しました。北海道で初めて名前を覚えた花でした。

(嵐山公園、北邦野草園にて)

Dscn6950

ザゼンソウも顔を出していました。

Dscn6920

花火のような、ヒトリシズカも咲いていました。

(野草園の案内ではヒトリシズカとなっていましたが、少し違うような気がしますが

どうなのでしょう?)

☆☆☆ショウジョバカマの間違いでした☆☆☆

Dscn6954

そして足を伸ばして、美瑛町へ

牧草地でエゾシカがなかよく整列して、草を食べていました。


Dscn6962

とっても有名になった青い池です。奥には十勝岳連峰が見えています。

Dscn6963

夕闇が迫ってきました。残雪と!

Dscn6974

そして、かみふらの八景「パノラマロード」から富良野盆地と山々を眺めます。

北海道!!という景色です。

Dscn6978001

思わず、深呼吸!!

Dscn6977

パノラマ写真にしてみました。

Dscn6983

そして、暗闇せまる富良野をあとにして、いざ札幌へ!!

本日400km、2日間で1000kmの走行距離となりました。

エリシオンくんご苦労さまでした。そしてありがとう!!

***************************************************************************************************

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »