無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

マクンベツ湿原の水芭蕉

札幌に住み始めて丸二年、3回目の春を迎えています。

まだ早いかなあと思いつつ水芭蕉の大群落のある、マクンベツ湿原に行ってみました。

3月末に来たときには、駐車場には入れないくらいの雪がありましたが、すっかり融け

ていました。

石狩川の堤防から水の流れる川面までずーっと木道が続いています。その両側に

あった!あった!もうしっかりと咲いてくれていました。

Dscn6784

何故か皆、仲良くペアになって咲いています。まだまだ、色の少ない、枯れた湿原に

緑と白がとっても目立ちます。

Dscn6785

木道はまっすぐ続いていますが、周りは水芭蕉でいっぱいです。

ちょっと油断をして、手袋を忘れたため、手がかじかんでしまいましたが、春と冬が

同居していました。

Dscn6786_2

なかよくお話をしているようでしょう!!

Dscn6806_2

もうしばらくすると、この緑の葉っぱがおどろく程の大きさになり、びっくりします。

木道をどんどん進むと広い草原にでます。樹もなく花もなく、まだ、まだ冬の景色です。

Dscn6790_2

雪解け水を集め、悠々と日本海に流れ込む石狩川です。

Dscn6796_2

やなぎの木の芽も膨らんでいます。ねこじゃらしのようです。

Dscn6800_4

なかよくかたまって咲いています。よく見ると、不思議な花ですよね。水芭蕉って!!

Dscn6807

木道を歩くあちらこちらに群落が広がっています。いったい何本の花が咲いているので

しょうか?

Dscn6802_2

Dscn6809

過去2回に比べ、早めに行くことができ、綺麗な花をたくさんにることがきました。

本当に花の時期は難しいです!!

2013年4月23日 (火)

3月の雪の頃

はや、4月も中旬を過ぎ、あれほど積もっていた雪も、ほとんど道路では見えなくなりました。空にはかもめが飛び、カラスも少なくなりました。(何故かしら、雪の間はやたらとカラスを見たのですが、最近は見ません。きっとゴミをあさらなくても、エサが取れるようになったのでしょう。)また、雪の間見なかったかもめがビルの間を飛んでいます。(これがまた大きいのなんのって、大背黒かもめ?)

しかし、もうしばらくするとカラスの営巣が始まり、賑やかになるのでしょう!!

さてさて、まだまだ雪がたっぷり残っていた、3月の後半、奥様が来道し、ちょっとドライブ、石狩川の河口付近です。

Dscn6776

夕焼けの染まる氷原、ちょっと知床気分になれました。・・・・・悲しい!

Dscn6772_3

夕陽が心もち暖かそうに感じるのは、気のせいかな?でも春は確実に近づいています。

きらきら氷の結晶の向こうに、石狩川を渡る、国道の橋が見えていました。

Dscn6785

夕陽を見に、車を走らせましたが、残念ながら、雲の中へと吸い込まれてしまいました。

ここから見る夕陽はとっても綺麗なのですが・・・・・・。残念!

いつもの風力発電の風車も夕凪でとまったまま。

それでも、綺麗な日の入りでした。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »